駅伝・マラソン

第95回箱根駅伝(2019年)、総合成績と復路区間賞まとめ。東海大学が初の総合優勝!

95回めを迎える箱根駅伝が終了しました。

復路も多くの順位の入れ替わりがありました。

第95回箱根駅伝、総合成績と復路区間賞をまとめます。

第95回箱根駅伝

第95回箱根駅伝 総合成績

まずは、大学別の総合成績です。

1位:東海大学 10時間52分09秒

2位:青山学院大学 10時間55分50秒

3位:東洋大学 10時間58分03秒

4位:駒澤大学 11時間01分05秒

5位:帝京大学 11時間03分10秒

6位:法政大学 11時間03分57秒

7位:國學院大学 11時間05分32秒

8位:順天堂大学 11時間08分35秒

9位:拓殖大学 11時間09分10秒

10位:中央学院大学 11時間09分23秒

11位:中央大学 11時間10分39秒

12位:早稲田大学 11時間10分39秒

13位:日本体育大学 11時間12分17秒

14位:日本大学 11時間13分25秒

15位:東京国際大学 11時間14分42秒

16位:神奈川大学 11時間15分51秒

17位:明治大学 11時間16分42秒

18位:国士舘大学 11時間16分56秒

19位:大東文化大学 11時間19分48秒

20位:城西大学 11時間19分57秒

21位:山梨学院大学 11時間24分49秒

22位:上武大学 11時間31分14秒

参考記録:関東学生連合チーム 11時間21分51秒

東海大学が悲願の初優勝!

東海大学は8区でトップを奪って9区で勝負を決め、2位青山学院大学に3分以上の差をつけて初めての総合優勝を果たしました。

5連覇を目指した青山学院大学は往路6位と出遅れたものの、復路優勝という成績で総合2位に。

往路優勝の東洋大学は総合3位に終わりましたが、11年連続3位以内は素晴らしい成績です。

國學院大学は7年ぶりにシードを獲得。総合成績7位は過去最高の順位です。

9位の拓殖大学は2年連続シード、10位の中央学院大学は5年連続シードという大学史上最高の記録を作りました。

総合優勝、往路優勝、復路優勝の学校がそれぞれ違うのは第82回大会(総合優勝:亜細亜大学、往路優勝:順天堂大学、復路優勝:法政大学)以来のことです。

予選会から出場した駒澤大学、國學院大学、順天堂大学がシード権を獲得し、早稲田大学、日本体育大学、城西大学が来年予選会からの出場となりました。

第95回箱根駅伝 復路区間成績

次は、復路の区間賞選手をまとめます。(文中敬称略)

6区

区間賞:小野田勇次(青山学院大)57分57秒

トップでスタートした東洋大の今西が快調に山を下り、タスキを渡した時点では6区歴代3位の58分12秒を記録。

その後2位でタスキを渡した東海大の中島が58分06秒ですぐさま歴代3位の記録を塗り替え、さらにその後4年連続山下りを務めた青山学院大の小野田が区間新記録となる57分57秒でタスキリレー。

区間賞は、区間新記録を樹立した小野田が2年連続で獲得しました。

7区

区間賞:林奎介(青山学院大)1時間02分18秒

トップで走る東洋大の小笹に、2位東海大の阪口がどんどん差を詰める展開。

小田原中継所で1分08秒あったタイム差は、残り3km時点で19秒、残り1kmで7秒に。

平塚中継所ではタイム差4秒。これで優勝争いはわからなくなりました。

昨年この区間で区間新記録をマークし大会MVPに選ばれた青山学院大の林は、10km手前で前を走る駒澤大の小島に追いつき、並走ののち15km手前で突き放し昨年の記録からわずか2秒遅いだけの1時間02分18秒で走り抜いて2年連続で区間賞を獲得しました。

8区

区間賞:小松陽平(東海大)1時間03分49秒

1kmいかないうちに東海大の小松が東洋大の鈴木に追いつき、しばらく並走が続く中、15km手前で東海大の小松がスパート。

ぐいぐいと東洋大の鈴木を突き放し、これまででいちばん古かった区間記録(1997年)を更新する1時間03分49秒で、2位の東洋大に51秒の差をつけてタスキリレー。

区間新記録を樹立した東海大の小松が区間賞を獲得しました。

9区

区間賞:吉田圭太(青山学院大)1時間08分50秒

トップでタスキを受けた東海大のキャプテン湊谷は快調に走り、東洋大との差を徐々に広げていきました。

2位に3分以上の差をつけて最終10区の郡司へタスキをつなぎました。

3位でスタートした青山学院大の吉田が、2位東洋大との差を8秒まで縮める快走で区間賞を獲得。

10区

区間賞:星岳(帝京大)1時間09分57秒

青山学院大の鈴木がタスキを受けてすぐ前を行く東洋大の大澤に追いつき、すぐさま引き離して総合2位に貢献、自校の順位を7位から5位に上げた帝京大の星が区間賞を獲得しました。

さいごに

第95回箱根駅伝、総合成績と復路区間賞をまとめました。

6区が終わった時点では東洋大学の独走かと思われましたが、そこは箱根駅伝、そう簡単にはいきませんでしたね。

総合優勝した東海大学は往路、復路ともに2位。区間賞は1区間のみでしたが、10人全員が区間1桁の成績で力の強さを見せてくれました。

今年も冒頭の転倒からフィニッシュまで数々のドラマがあった箱根駅伝。

まだ終わってばかりですが、来年の箱根駅伝が楽しみです。