考え方

カーテンはコインランドリーでまとめ洗い!お金をかけて、めんどくささを減らしてもいいと思う。

カーテンを洗うのはめんどくさいなぁと思っているこんつま(@goldblack_33)です。

ある日、ヌーさんのカーテン洗濯記事を読みました。

たった1,400円ですっきり爽やか! カーテンの洗濯は、輪ゴム&コインランドリーづかいが最強だった!|すっきり、さっぱり。

カーテンを洗うのがめんどくさいと思っているわたしでもヌーさんが行った方法ならできると思ったので、同じ方法でカーテンを洗ってきました。

カーテンフックのつけ外しが特にめんどくさい

今までカーテンは自宅の洗濯機で洗っていました。

カーテンをレールから外し、フックをひとつひとつ外し、洗濯したらフックを取り付けてレールにカーテンをかける・・・という一連の作業。

正直言ってめんどくさい!

特にカーテンのフックを外したりつけたりする作業がいちばんめんどくさいと感じていました。

ヌーさんは、カーテンのフックをつけたまままとめて輪ゴムで留め、さらにそのままコインランドリーでまとめて洗うという方法をとっていました。

輪ゴムで留めちゃえばフックを外したりつけたりするめんどくささから解放される!

目から鱗の方法でした。

カーテンフックを輪ゴムで留める

この日は手始めにドレープカーテン6枚を洗うことにしました。

カーテン 洗う コインランドリー

カーテンをレールからフックごと外して、輪ゴムでフックが隠れるように留めて、袋に入れたら準備完了!

つぶやいたあと、ヌーさんから

と確認の?返信があったので輪ゴムを止め直したのはここだけの話(笑)

出かける支度をして、いざ!コインランドリーへ!

コインランドリーでカーテンを洗う

自宅から徒歩5分ほどのコインランドリーを利用しました。

中型の洗濯乾燥機(洗濯乾燥ならば15kgまで、洗濯のみならば22kgまで)にカーテン6枚を投入!

今回は洗濯のみなので「洗濯のみ」のボタンを押してお金を入れたら洗濯がスタートします。

洗濯にかかる時間は30分。

その間に、お昼を食べに行きました。

洗いあがったカーテンを持ち帰り、元の位置へ

お昼を食べて、コインランドリーへ戻って洗いあがったカーテンをピックアップ!

コインランドリー カーテン

洗いあがっております!

あとは持ち帰って元の位置にカーテンをつるして自然乾燥すればOK!

ニトリのカーテンはやたら水をはじいていましたが(遮光1級の防音タイプだから?)、無印良品のカーテンはいい感じに洗いあがっておりました。

あいにくのお天気ではありましたが、どのカーテンも翌日にはしっかり乾いていましたよ~。

さいごに

今回、コインランドリーでカーテンを洗うために使った金額は¥900でした。

自宅の洗濯機でドレープカーテン6枚を洗う場合は1枚ずつ、計6回洗う必要があります。

しかしコインランドリーを利用すれば、900円かかるけど6枚を1度に洗える上に30分ほどで終わります。

手間をかけてお金を節約するか、お金をかけてめんどくささを減らすか。

どちらを選ぶかは人それぞれですが、わたしは、ためらうことなくめんどくささを減らすほうを選びます。

似たような考えをお持ちの方は、是非コインランドリーでカーテンのまとめ洗い、試してみてください!

▽ランキングに参加しています。お帰りの際にポチッとしていただけると嬉しいです▽

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ