鉄道

「青春18きっぷ」2019年も発売!東京駅からどこまで行くとお得になる?

線路

JRグループで期間限定で使える青春18きっぷ

JR東海のプレスリリース(JRグループ各社のホームページより確認できるPDFファイルです)

今年も青春18きっぷの発売が発表されました!

鉄道好きなわたしですが、実は1回も青春18きっぷを利用したことがありません。

今年こそは青春18きっぷを使ってお得に旅をしたい!

そこで、多くの列車が乗り入れるターミナル駅である東京駅からどのあたりまで行けばお得になるのか調べてみました。

青春18きっぷは発売期間と利用期間が異なる

青春18きっぷは春季、夏季、冬季の3回発売されます。

それぞれ発売期間と利用期間が設定されており、このふたつの期間が重なっていない場合は「買ったその日に使う」ことができないので注意が必要です。

春季の発売期間と利用期間

  • 発売期間:2019年2月20日(水)〜3月31日(日)
  • 利用期間:2019年3月1日(金)〜4月10日(水)

夏季の発売期間と利用期間

  • 発売期間:2019年7月1日(月)〜8月31日(土)
  • 利用期間:2019年7月20日(土)〜9月10日(火)

冬季の発売期間と利用期間

  • 発売期間:2019年12月1日(日)〜12月31日(火)
  • 利用期間:2019年12月10日(火)〜2020年1月10日(金)

青春18きっぷの値段

青春18きっぷの値段は5枚つづりで11,850円です。

期間内にひとりで5回日帰り旅をしてもいいし、同じ行程で5人までのグループで日帰り旅をしてもOK!

1枚(1回あたり)で乗車日当日有効のため、1人で宿泊を伴う旅をする場合はきっぷを旅の日数分使うことになります。

東京駅からどこまで行くとお得になるのか

過去に三島、沼津(ただし帰りは新幹線を利用)、宇都宮へ日帰りで行ったことがあります。

これらの地域よりも手前ならば日帰りはどんとこい!です。

青春18きっぷは1枚あたりの金額が2,370円で、片道で計算すると1,185円。

試しに、東京駅から青春18きっぷを使ってどこまで行けばお得になるか調べてみました。

東京駅を起点として日帰りでお得に行ける地域

東京駅を起点として、片道1,185円以上で多くの人に知られている駅名を調べてみたところ、10ヶ所の候補が挙がりました。

都道府県 行き先 東京駅からの片道料金
東京都 奥多摩 1,250円
神奈川県 小田原 1,490円
海老名 1,320円
厚木
久里浜 1,250円
千葉県 君津 1,490円
木更津 1,320円
成田空港
山梨県 大月 1,490円
栃木県 小山 1,490円

これらの地域よりも遠いところならば、青春18きっぷを使った日帰り旅をお得にすることができます。

個人的には、自然豊かな奥多摩へ行ってみたい!

【奥多摩】自然を楽しめるオススメ観光スポット16選! | SOTOASOBI LIFE(そとあそびライフ)

さいごに

2019年も例年どおり青春18きっぷが発売されることが決まりました!

今年こそは青春18きっぷを使ってお得に旅をしたい!

春季か夏季に旅できたらいいなと思っています♪

おことわり

この記事は日帰りの旅を前提として書いたため、青春18きっぷの細かい使い方についてはほとんど触れていません。

利用する場合の注意事項などはこちらのJRグループのプレスリリースでご確認ください。

JR東海のプレスリリース(JRグループ各社のホームページより確認できるPDFファイルです)

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ